新しい賃貸を探す際にどうしても気になる駅からの距離は、1分あたりがどれくらいの距離という基準があります。

京都で賃貸を探している方に

京都で賃貸を探している方に

賃貸での駅からの距離に関する徒歩の考え方

賃貸アパートやマンションを探す際に、どうしても気になる要素の1つとして、駅からの距離という物があります。これに際して、駅からの距離を徒歩で表示する事が一般的です。例えば徒歩10分というと、駅からの距離が近いという印象になり、徒歩15分というと少し遠いという印象になります。

私も学生時代より、賃貸アパートを何件か住む機会がありましたが、やはり駅からの距離を重要視し、1つの基準として駅からの距離は10分としてきました。しかし、駅からの距離が徒歩10分の物件に住んでみると、意外にも遠い印象がありました。おそらく、このような経験をされた方は少なくありません。

徒歩による所要時間は、道路距離80mにつき1分間を要するとして算出した数値を表示する。さらに1分未満の端数が生じた場合は端数を省略すると規定で決まっています。実は、1分で80m進むには、1秒間に約1.33m進まないといけません。普通このスピードで歩くとなるとかなりの早足か、走らないと到底維持できません。このような規定で定めているので、実際に賃貸の情報にて、徒歩の時間が掲載されている際には大体の目安として、掲載されている時間にプラス3〜5分くらいを考えてみると実際に掛かる時間になります。そうすれば、自分が理想とする物件に少しでも近づく事が出来ます。

SiteRecommend