人口減少社会突入の中、賃貸物件は多様化が進んでいます。今後は、特徴的な物件がさらに増加の見込みです。

京都で賃貸を探している方に

京都で賃貸を探している方に

賃貸は物件が多様化し競争も激化中

所有するマンションやアパートを住居を求める第三者に家賃を対価に貸し付ける賃貸物件運営は、利回りが高いことが特徴であり、資産家に特に人気の資産運用方法です。しかしこれまでは、物件を建設すれぱ入居者が確保できたため、特に工夫することなく運用が可能でしたが、これからの人口減少社会では物件が飽和状態となり、入居者確保に難儀することが予想されています。

こうした予想がある中、入居者を確実に確保しようと物件の多様化が進んでいます。例えばその代表例がマンスリーマンションです。これまでの賃貸物件運営においては、契約期間は最低でも2年程度であることが一般的でしたがマンスリーマンションは、まさにその名のとおり、1ヶ月単位で契約が可能なことに特徴があります。また、室内には手ぶらで入居が可能なように、あらかじめ家具や家電や備え付けられており、賃貸物件の確保を希望していた者の他に、長期出張中のサラリーマンの需要も新たに獲得することに成功したのです。

さて、マンスリーマンションの他にも物件の多様化は、進んでおりシェアハウスや家具付き物件が特に注目されつつあります。今後の人口減少社会の中で物件運営を成功させるには、従来とはことなる新たなタイプの物件を運営することが必要です。