賃貸物件の家賃設定は、立地条件と築年数が大きく関係しています。別途管理費がいらない場合は家賃に含まれています。

京都で賃貸を探している方に

京都で賃貸を探している方に

賃貸物件の家賃設定と品質

賃貸物件の家賃は立地条件と築年数が大きく影響します。築年数は10年を境にして家賃が大きく下がります。物件は建てられてから10年経過すると、その価値は半分になります。20年経過すれば価値がなくなるので、20年を境にして更に家賃が大きく下がります。

立地条件は駅からどれだけ時間がかかるかで決まります。駅から15分以上かかる場合は価値は大きく下がります。逆に徒歩5分圏内であれば、築20年以上の物件であっても、徒歩15分圏内で築10年程度の物件と同価値程度に見られます。築年数と立地条件を上手く調節して、予算の範囲内で自分にとって良い条件の物件を探すことが大切です。物件によっては、家賃とは別に管理費が請求されます。これは、物件の管理者が共有スペースの電球やエレベーターの管理などに使用する資金です。場合によっては、家賃に予め含まれている場合があるので、その場合は家賃が少し高く設定されています。インターネット回線が無料である場合も、家賃に含まれている可能性があるので、慎重に見極めることが大切です。また、契約更新の際には更新料が請求されます。一般的には家賃一ヶ月分ですが、人気の物件は家賃二ヶ月分を請求される場合があります。

SiteRecommend