賃貸物件を個人名義ではなく法人名義で借りることができます。その場合気を付けなければならない点と必要書類について

京都で賃貸を探している方に

京都で賃貸を探している方に

賃貸物件の法人契約について

賃貸物件は個人契約だけでなく法人契約でも借りることができます。最近は個人で会社を起業する人も多いので、借りる賃貸物件を社宅として法人契約することも増えています。社宅扱いのメリットとしましては、会社の経費になることです。会社の経費として家賃を支払うことになるので実際に住む人は会社に対して一定割合のお金を支払いますが実際の家賃より低い金額で良いことがほとんどなのでお得になります。

賃貸物件を法人として借りる場合には、不動産会社からいくつかの確認事項がある場合があります。不特定多数の来客があるのか、看板を出すのか、会社の登記をその物件でしたいのか、などです。賃貸物件は貸主の許可を得ることが大前提ですので、確認事項をすべてクリアにしなければいけません。また、法人契約をするにあたっては規定の書類を提出する必要があります。書類としては会社概要などの掲載されたパンフレット等、登記簿謄本、会社の印鑑証明書などがあります。個人起業の会社などでは、決算書や賃借対照表などの書類を求められることもあります。

法人契約でも連帯保証人は必要になります。入居者本人が連帯保証する場合もありますし、他の人を立てる場合もあります。頼める人がいない場合には、保証会社に加入することもできますが、審査が必要になります。