早くも年明けの人事異動の話題が出ており、転居をともなう転勤の場合は賃貸の住まいを探すことになりそうです。

京都で賃貸を探している方に

京都で賃貸を探している方に

賃貸で次の住まいを探す

私のまわりでは早くも年明けの転勤の話で盛り上がってきています。転勤、いわゆる転居をともなう転勤の場合は、いろいろ準備も大変なので、それなりの心の準備と体を整えておく必要があります。また、昇進や降格が関わってくることもあるので、それに対する備えも必要です。自分の実力だけではなんともならないのが社会の常です。正しいか正しくないかは別として、自分が思うような評価を得られる人はなかなかいません。またいくら自分ひとりが頑張って成績を残しても、会社の業績全体がよくなかったり、チームとしての責任があったりと、なかなかうまくいかないものです。

そして、その転居をともなう転勤につきものなのが住まい探しです。専用の社宅がある会社は心配いらないかもしれませんが、そうでない会社では自分で住まいを探す必要が出てくるでしょう。うちの場合は後者のパターンです。家賃補助はありますが、探すのは自分です。賃貸で好きなところを借りられるのはメリットですが、転勤までの短い期間のなか、気にいったを探すのは結構骨がおれるものです。他にももろもろやることがたくさんあって、結構タイトなスケジュールになります。それでも毎日を過ごす場なので、いつどこへ転居することになってもあわてないように、譲れない条件のリストだけは作っておくようにしています。