庭のある賃貸でも物件によっては、庭いじりをする事が許可されていない場合もあり、きちんと確認をする事が大切です

京都で賃貸を探している方に

京都で賃貸を探している方に

庭のある賃貸は何処まで土を弄くって良いのか

一戸建ての賃貸で長期間生活する事を考えている方は、大体は子供が独り立ちするまでの期間を目処にしていると思います。それだけの長期間を同じ場所で過ごすのであれば、その物件の庭をどれぐらい自由に弄くっていけるのかも考えながら、物件を比較していきたいです。庭いじりというのは物件によっては、土をどれぐらい掘り返して良いのかも大きく違ってきます。ガーデニングを楽しむ為に植木鉢を設置するのは良くても、ブロックなどを設置して花壇を作り上げるのは駄目だと言われる場合もあるのです。その事に引っ越しをする直前になって気付いたとなれば、ガーデニングを楽しみたい方からすると残念な気持ちで一杯になってしまいます。

だからこそ事前に賃貸会社と相談をして、何処まで深く庭いじりをして良いのかを確認しておかなければいけません。その際には畑などを作っても良いのかという事も確認しておけば、家庭菜園を自宅で作り上げる事も夢では無いのです。ただし家庭菜園を作るのを許可された場合であっても、特定の種類の野菜やハーブを育てるのは許可されない場合もあります。それは外来種のハーブなどを植えてしまうと、種類によってはコンクリートを突き破るぐらいの繁殖力を持った種類もある為です。家庭菜園が原因で住宅の一部に傷が付くなどしたら悲しいですから、育てたい植物についての勉強もしておきましょう。

SiteRecommend