勾配屋根に窓が付いている賃貸では、間接照明の様に直射日光とは違う日差しが家の中に届けられます

京都で賃貸を探している方に

京都で賃貸を探している方に

勾配屋根に窓の付いた賃貸の明かりの届き方

窓とは普通ならば真っ直ぐに建てられている壁に付いているものですが、たまに傾斜のある壁に窓が付いている様な物件も見付けられます。特に勾配のある屋根を持つ賃貸であれば、その勾配の下にある部屋の壁に窓が付いている事が多いのです。その傾斜のある窓というのは独特の日差しをもたらしてくれて、普通の住宅とは違う満足感を得る事が出来ます。勾配のある屋根付きの住宅であれば、天窓とは少し違った角度で取り付けられた窓を見付けられるでしょう。そういった窓は斜めから日差しが射し込む事によって、まるで間接照明の様な明かりを部屋の中に与えてくれるところに注目してみてください。

間接照明とは見ているだけで温かみを感じられるものであり、勾配屋根に付いた窓から射し込む光は、ただでさえ温かみのある自然光を更に愛せるものに変えてくれます。真夏などは日差しがあまりにもキツい為に、部屋に日差しを取り込んでいると直ぐに眩しさを感じてしまうはずです。しかし勾配屋根に付いている窓であれば、直射日光が当たるのは部屋全体ではなく床だけになります。そして床から反射した光が部屋全体を照らすという、まさに間接照明が持っている様な温かみを作り出してくれるのです。そんな温かみを感じられるからこそ、勾配屋根に窓のある賃貸は選ぶ価値があると思えます。

SiteRecommend